プルデンシャル・アジア資産管理部門、イーストスプリングはTMBアセットの株式65%取得【タイ:金融】

プルデンシャル・アジアの資産管理部門である
イーストスプリング社は、TMB銀行子会社で資産管理サービスを
行うTMBアセットマネジメント社の株式65%を取得しています。

同社では今後、タイの年金積立基金、長期信託などの
マーケットおよび投資に注力していく方針です。

TMBアセットマネジメント社は外国資産運用会社で
管理下資産規模(AUM)は総額4,300億バーツ、
タイ国内にある資産管理会社の中で5番目の地位を占めています。

TMBアセットマネジメント社のAUMは2013年から2017年にかけて
年間26%増加し、業界平均の+13%成長率を上回りました。

同社の市場シェアは、ミューチュアルファンド業界で8%、
プロビデントファンド業界で2%となっています。
2018年3月時点で全国に400以上の支店を持ち、
640万の小売顧客を有していました。

タイ国内では約80%の労働者が退職後のための貯蓄を
必要とする中小企業で働いています。
これら従業員の多くはまだ積立金投資をしていないため、
タイの長期積立基金は高い潜在成長率を持つ投資分野であり、
伸びていく市場であると判断されています。

タイのミューチュアルファンド業界における普及率は
先進国の96%と比較して35%と低いままです。
しかし、タイは投資ファンド業界の資産が5兆バーツと、
アセアン地域で最も高い額の資産を保有していると
しています。

これまでTMBアセットマネジメント社の株を保有していた
TMB銀行(TMB)はタイ財務省やINGグループなどが大株主に
なっています。
タイ軍人銀行と呼ばれていた時代もありました。
2017年末時点の総資産は8438億7100万バーツ、
純利益は86億8600万バーツでした。