タイ国内のREIT市場の方向性・REITの状況【タイ:不動産】

アセットマネジメントを手掛けるAIM REIT Management社では、
タイ国内の低金利状況と株式市場上昇の恩恵を受けて
2018年のタイREIT市場は引き続き成長するだろうと
コメントしています。

AIM REIT Management社チーフエグゼクティブの
Amorn Chulaluksananukul氏は、2018年の工業系REITの
リターンは7%以上とタイ国内金融機関預金金利や
金融市場におけるファンドリターンよりも高水準になると
期待しています。

同社のファンド、AIMインダストリアルグロースREIT
(AIMIRT)は資産21億バーツ、2018年1月よりタイ証券取引所に
上場しています。
2018年は+7.38%のリターンを見込んでいます。
同RIETはJWD Info LogisticsとTIP Group warehousesの
保冷施設や倉庫に投資をしています。
施設の稼働率は100%となっています。

タイ証券取引所には2018年4月時点で21のREITが存在します。
そのうち、オフィスビル系のREIT(GLANDRT、BOFFICE、B-WORK)や、
ホテルREIT(GAHREIT、SHREIT)、倉庫REIT(AIMIRT)の計6つが2017年
から上場しています。

また、2017年には7つの不動産ファンドが資産譲渡手数料控除の恩恵を
受ける為、REITとして再分類されました。

・REITに移管された不動産ファンド
CPNRF → CPNREIT
SSTSS → SSTRT
DTCPF → DREIT

・既存のREITに組み込まれた不動産ファンド
WHAPF → WHART
TFUND+TLOGIS+TGROWTH →TREIT

REITは株式よりもリスクが低く、債券よりも高いリターンを生み出す
代替投資の一つとされています。

不動産開発事業者はREITを使うことにより将来的に賃貸収入を
生み出すことに期待を寄せています。
タイのREIT市場はまだ成長の余地があり、好立地の不動産は最大限の
リターンを生み出しているとしています。