インドネシアの石油開発に関して【インドネシア:エネルギー】

インドネシアは石油・天然ガス産出国であり、
2018年第1四半期時点で原油生産量の73%を上位5社が
占めています。

・インドネシアの石油生産大手上位5社
シェブロン・パシフィック・インドネシア、エクソンモービル、
プルタミナEP(インドネシア国営石油プルタミナの上流子会社)、
プルタミナ・フル・マハカム、China National Offshore Oil
Corporation(CNOOC)中国海洋石油集団

インドネシアの石油・天然ガス蒸留政策規制機関の発表に
よると、上位5社でおよそ567,623/日バレル
(BPD:Barrels Per Day)を生産しています。

上位5社を含む総生産量は773,923/日バレル(BPD)と
されています。
インドネシア政府は2018年末までの目標として800,000/日
バレル(BPD)を目指しています。

国営プルタミナは2018年時点で石油生産量の減衰を
食い止めると同時にインドネシア内需を満たさなくては
ならないという難局に直面しています。
同社支配下にある油田の多くは国内企業の所有技術よりも
高度な石油増進回収(EOR)技術を必要としています。

この他、インドネシアのエネルギー業界大手としては
エナジーメガ・プルサダ(ENRG)、
メドコ・エナジーインターナショナル(MEDC)などがあります。