マイナー・インターナショナルとコンソーシアムはインドのホテル買収を検討 【タイ・インド:ホテル・外食】

タイのマイナー・インターナショナル(MINT)を含む企業
コンソーシアムは、インドのホスピタリティ企業である
Hotel Leelaventure Ltdに約3億5000万USドルの投資を
検討しています。
投資会社のトリニティ・ホワイトシティ・ベンチャーズ
Trinity White City Venturesが支援している
この提案された入札には、株式と債務の両方が
含まれているとしています。

取引と合意が進めば、同コンソーシアムはムンバイに本社を
置くHotel Leelaventureの株式大半を保有することになります。

Hotel Leelaventureはインド全土で9つのホテルと
リゾートチェーンを経営しています。
高級ホテル物件にはザ・リーラ・パレス・ウダイプル
ザ・リーラ・コーバラムなどが含まれます。

マイナー・インターナショナル(MINT)創業者はタイで事業を
開始したアメリカ人です。
設立当初はホテル経営企業であり、1988に年タイ証券取引所へ
ホテル関連企業として上場しました。

その後は事業多角化し、外食チェーンやスパ経営なども
行っています。
外食レストランチェーンではザ・ピザ・カンパニー
(The Piza Company)
スウェンセンズ(Swensens)、デイリークイーン
(Daily Queen)、バーガーキング(Burgerking)などを
拡大しています。

ホテル部門ではアナンタラ・ホテルなど独自ブランドの他に
フォーシーズンズ・ホテル、JWマリオット・ホテル、
マリオット・リゾート&スパなどを運営しています。

同社は買収による事業拡大を進めています。
2018年はスペインのチェーンNH Hotel Group SAの支配権を
獲得しました。