シンガポールの航空各社は搭乗率PLFが改善【シンガポール:航空】

シンガポール・エアライン(SIA:S59)の
搭乗率(PLF:passenger load factor)は
2018年12月に0.3ポイント上昇して85%となりました。

有償旅客キロで測定された旅客輸送量は7.2%
増加しています。
大幅な容量の増加により、PLFが南北アメリカを除く
すべての路線地域で改善されたことを明らかにしました。

シシンガポールの航空子会社、シルクエアーの
システム全体の旅客輸送量は、1.1%の容量縮小に
対して2.1%増加しました。
その結果PLFは79.2%となり、全路線地域で改善しました。

シルクエアーはシンガポール・チャンギ国際空港を拠点と
する地域航空会社です。
今後、親会社シンガポール航空との統合を見据えて、
2020年より所有機材の客室のアップグレードが
開始される予定です。

スクートの旅客輸送量は大きく増加し、10.5%増、
旅客輸送可能量も14.5%増でした。
しかし、旅客利用率(PLF)は-3.2ポイント減の
85.5%でした。

スクートはシンガポール・チャンギ国際空港を拠点に
運航している格安航空会社です。
2011年にシンガポール航空(SIA)の出資により、
長距離国際線を運航する格安航空会社として
設立されました。
SCOOTは英口語で走り出すと言う意味です。

同じくシンガポール航空出資の格安航空会社、
タイガーエアは短距離路線の運航に限られていましたが、
2017年7月経営統合し、正式社名スクート・タイガーエア
(Scoot Tigerair)となりました。

・シンガポール証券取引所(SGX)に上場している航空関係の
企業
チャイナ・アビエーションオイル(G92)
航空燃料
2017年業績:売上224億5700万Sドル、純利益1億1800万Sドル

Aソニック・エアロスペース(A53)
航空事業・エンジニア
2017年業績:売上2億8596万Sドル、純利益-168万Sドル