シンガポール インドネシア UOB銀行

シンガポール2位の金融機関でインドネシア法人の
PT Bank United Overseas Indonesia (UOB Indonesia)では
海外事業投資家の促進を図るため、企業向け融資の金額を倍にする計画を
打ち出しています。
新部署としてForeign direct investment(FDI)アドバイザリーユニットを設立
して海外からの投資家をサポート(法律、政府間交渉など)するとしています。

UOB GroupのEric Tham氏はUOB社はInvestment Coordinating Board (BKPM)
共同でこの事業体を進めていくとしています。
顧客へ向けてワンストップサービスを提供できるようにするとして
UOB銀行での目標として企業向け融資の額を2012年時点の21兆ルピアから
40兆ルピア(US$37億ドル)まで伸ばしたいとしています。

インドネシアは巨大な人口、若い人口構成、中間層の増加がキーワードとなり
大きく伸びる可能性があるとしています。インドネシア政府では2013年度のFDI
海外直接投資の金額を206兆ルピアから272兆ルピアへ引き上げるとコメントしています。

2013年上半期時点で達成率は48.5%であったとしていて
後半全体の景気が失速する可能性があるものの、長期的な投資家、企業は
続けて投資をするだろうと予測しています。
2012年末時点で
UOB Indonesia銀行の総資産は59.3兆ルピアで負債部分は50.7兆ルピア、
資本部分は8.5兆ルピアとなっています。