1. HOME
  2. ブログ
  3. シンガポール
  4. シンガポール国内の大手外資アパレル企業【シンガポール:アパレル】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

シンガポール国内の大手外資アパレル企業【シンガポール:アパレル】

ZARAシンガポールは2002年に進出しました。
オンライン販売も手掛け、シンガポール国内に14店舗で
展開しています。
主に大手百貨店やデパートなどに出店しています。

ユニクロ・シンガポールは2008年に開業、2019年時点で
28店舗を展開しています。
2008年シンガポールのユニクロ第1号店
「ユニクロ タンパニーズ ワン店」がオープン。
オープン時の目玉アイテム“UT”と”デニム“を中心に、
ユニクロの全商品ラインアップから、シンガポール市場の
ためによりすぐった約200アイテムを品揃えし、
シンガポールの顧客を迎えました。
グローバル化を加速するユニクロのシンガポール初出店は、
東南アジアマーケットへの布石となる店舗オープンと
なりました。

H&Mシンガポールは2011年9月に第1号店がオープンしました。
オープンの際には長い行列ができシンガポールで大きな話題と
なりました。
同店舗はMRTサマセットの近く1GrangeRoad、Orchard Building
で開業しました。
3フロアある店内にはレディース・メンズファッション、子供服、
アクセサリー、靴、マタニティーウェアまで幅広く揃っています。

中国のファストファッション・ブランドも進出しています。
2006年に設立されたUrban Revivo社は2017年にシンガポールにも
進出し、東南アジアでのファストファッションビジネスモデルで
ユニクロ、ZARA、H&Mなどに挑戦しています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事