タイの再生エネルギー大手、バンチャーク石油の発電部門BCPG、企業解説【タイ:エネルギー】

タイの再生エネルギー大手バンチャーク石油(BCP)の発電部門、
BCPG(BCPG)では風力発電の発電能力を2023年までに1,000MWまで
伸ばす計画です。

BCPG社はアジア太平洋地域全体で自然エネルギーリソースを
探しています。
2019年から2023年にかけて、アジア太平洋地域の風力発電
プロジェクトを通じ、さらに1,000MWを追加する計画です。

BCPG社の風力発電拡大は、新規投資予算配分の70%を
占めていて、残り30%は発電資産の獲得に充てられる
予定です。
2019年内に少なくとも1社の買収を完了する予定です。

風力発電プロジェクトはタイ政府が熱心に推進している
再生可能エネルギーの1つです。
BCPG社では風力発電事業はベトナム、台湾、韓国、
オーストラリアで高い可能性を持つエネルギー資源になると
しています。
これらの国々の電力需要は毎年増加していることも
メリットであるとしています。

ベトナムは2030年までに27ギガワット(GW)の
再生可能エネルギー生産を計画しています。
台湾は2030年までに10GWを目指していて、
韓国はすべての種類の再生可能エネルギーから50GWを
見込んでいます。
オーストラリアは2036年までにいくつかの石炭火力発電所を
廃止し、38GWの再生可能エネルギープロジェクトを追加する
予定です。
ラオスは水力発電から電力をタイおよびベトナムへ輸出する
ことによって、自らを「アジアのバッテリー」として
位置付けています。

BCPG社はフィリピンのVisayas島Nabasに風力発電所を
持っています。
また、PetroWind Energy Incの40%の株式を取得して、
BCPGの総生産能力は20MWに達しました。
さらにLom Ligor社を購入し、ナコンシータマラート県の
Pak Phanangにある開発中の10MW風力発電プロジェクトを
運営しています。

風力発電プロジェクトの5年間拡張計画が完了すると
BCPGは再生可能エネルギー総容量が2,000MWに倍増します。
今後はグローエナジー(GLOW)からラヨン県マプタプット地区の
Glow SPP1を取得することを計画しています。