1. HOME
  2. ブログ
  3. シンガポール
  4. オンライン食品配達サービス企業オネストビーが苦境【シンガポール:ベンチャー・スタートアップ】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

シンガポール

オンライン食品配達サービス企業オネストビーが苦境【シンガポール:ベンチャー・スタートアップ】

シンガポールを拠点としオンライン食料品・食品デリバリサービス
で急成長してきたオネストビーは、2019年に入り従業員の解雇や
サービスの一時停止を発表しています。

2019年1月には旧正月の直前にシンガポール大手スーパーマーケット
チェーンNTUC FairPriceとのパートナーシップを一時的に
停止しました。

同社は東南アジアでの近距離配送アプリ大手のひとつとなり、
シンガポール、マレーシア、台湾、香港、タイ、フィリピン、
インドネシアなどで展開してきました。
しかし投資家による次のラウンド資金調達に難航していて、
経営幹部等の離職が続いています。

同社は運営資金におけるキャッシュが不足しており、
積極的に事業の買い手を探しています。
ライドシェア大手のGrab、GOJEKなどと交渉中であるとも
報じられています。

東南アジアでは慢性的な渋滞という問題とバイクの
利便性から戸別配送サービスへのニーズが
高まっています。
レストランメニューの戸別配送ではLINE MAN、GrabFood、
Deliveroo、Foodpanda、Go-Foodなどがしのぎを
削っています。

また、食料品デリバリー分野におけるライバルは、
シンガポールではLazada傘下のRedMart、フィリピンでは
MetroMart、インドネシア・マレーシア・タイではGrabや
Naverの後援を受けるHappyFreshが成長しています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事