1. HOME
  2. ブログ
  3. フィリピン
  4. サンミゲル・コープとホルシム・フィリピンとの合併見直し審査に関して【フィリピン:複合企業】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

フィリピン

サンミゲル・コープとホルシム・フィリピンとの合併見直し審査に関して【フィリピン:複合企業】

フィリピン競争委員会(PCC)では2019年5月、
サンミゲル・コープ(SMC)およびホルシム・フィリピン
(HPI)による合併審査実施の通知をまだ受けていないと
コメントしています。

2019年5月初め、Lafarge Holcim Groupは、
サンミゲル・コープ(SMC)がホルシム・フィリピン(HPI)の
85.7%株式を取得する契約を締結しました。

フィリピン競争委員会PCCのArsenio M. Balisacan議長は、
最終合意に署名してから30日以内に同取引委員会に
通知するよう促しています。
フィリピン競争法の下では、消費者の利益を危険に
さらさないためにM&Aの見直しを行うことを
義務付けられています。

サンミゲルとホルシム・フィリピンの合併案件見直しは
フィリピンのセメント業界におけるカルテル調査とは別に、
消費者への潜在的な損害を防ぐために行われます。

サンミゲル・コープ(SMC)社はフィリピンのNo1ビールである
「サンミゲル・ビール」や清涼飲料、洋酒、食料品を扱う
食品会社として国際的な知名度を得ていました。

2000年代に入り経営多角化を加速し、飲料、食品、包装、
エネルギー、インフラストラクチャーなどを展開しています。

2008年には看板事業であったビール事業子会社の株式43%を
日本のキリンホールディングスに売却、売却益を有料道路や
電力会社、製油所、不動産などへの投資に振り分けて
多数のグループ企業を設立しています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事