1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. TMB銀行とタナチャート銀行の合併は2019年12月の見通し【タイ:金融】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

TMB銀行とタナチャート銀行の合併は2019年12月の見通し【タイ:金融】

タイのTMB銀行TMB Bank(TMB)とタナチャート銀行(TCAP)は、
タイ中央銀行へ合併の承認を申請し、取得次第プロセスを
進めています。

両行の合併に向けたデューデリジェンスはほぼ完了し、
2019年12月に新合併銀行が発足する見通しとなっています。

両行は2019年2月にTMB側がタナチャート銀を吸収する形で
合併することに合意しました。
タナチャート銀行の資産と負債を相殺した買収額は
1300億~1400億バーツになる見通しです。
同行はタイ最大の自動車ローン提供金融機関です。

2018年末時点でタナチャート銀行の総資産は
1兆609億バーツ(業界6位)、TMB銀行の総資産は
8,917億バーツ(業界7位)でした。

新合併銀行は総資産および預金総額に対して10~11%の
市場シェアを持ち、業界順位は6位のままですが、
5位のアユタヤ銀行(BAY)(2兆1736億バーツ)へ近づく
ことになります。

TMB銀行(TMB)の主要株主としては財務省が25.9%、
オランダのINGグループが25.0%を保有しています。

タナチャート銀行は金融持株会社タナチャート・キャピタル
(TCAP)が51.0%、カナダのスコシア銀行が残りを出資しています。
タナチャート・キャピタルはMBKグループの資本が入っています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事