1. HOME
  2. ブログ
  3. シンガポール
  4. シンガポール証券取引所(SGX)上場の配当利回りが高かった企業【シンガポール:上場企業】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

シンガポール証券取引所(SGX)上場の配当利回りが高かった企業【シンガポール:上場企業】

シンガポール証券取引所(SGX)に上場しているREITである
ハチソン・ポート・ホールディングス・トラスト(NS8U)の
配当利回りは+9.6%で最高値でした。

シンガポール証券取引所(SGX)上場ユニットの中で
最も収益性の高い5つのREITとビジネストラストは、
12か月の平均配当を分析した結果、利回りは+7.1%でした。

シンガポール証券取引所(SGX)の発表したSGXレポートによると、
これらは工業、小売、オフィス、ホスピタリティの各セグメントに
分類された不動産投資信託でした。

続いてシンガポール不動産最大手のキャピタランドが手掛ける
キャピタランド・リテール・チャイナ・トラスト(AU8U)が
+6.7%の配当利回りでした。

続けて、フレイザーズ・ロジスティクス・トラスト
Frasers Logistics Trust(BUOU)が+6.5%の利回り、
OUE・コマーシャル・リアルエステート・インベストメント・
トラスト(TS0U)が+6.4%の利回り、フレイザーズ・ホスピタリティ・
トラスト(ACV)が+6.4%の利回りでした。

ハチソン・ポート・ホールディングス・トラスト(NS8U)は
港湾事業の不動産信託です。
中国本土珠江デルタの深水コンテナ港への投資、開発、
管理のほか、河川港などその他港湾資産への投資、
倉庫・配送サービスを含む特定の付随サービスの請負も
手掛けています。

キャピタランド・リテール・チャイナ・トラスト(AU8U)は
中国本土のショッピングモールの不動産投資信託です。
主に北京、上海など11の小売事業へ投資され、
賃料収入を生む商業不動産の多様なポートフォリオに
長期的に投資することを目的として設立されました。

フレイザーズ・ロジスティクス・トラスト(BUOU)は、
物流または工業用に使用される世界各地の収益不動産から
成る分散型ポートフォリオのほか、主にオーストラリアを
中心とした工業用不動産関連資産などに直接・間接的に
投資しています。

OUE・コマーシャル・リアルエステート・インベストメント・
トラスト(TS0U)は、不動産投資サービスの投資信託です。
OUE Bayfront、One Raffles Place、OUE Downtownなどの
シンガポール国内商業用不動産や中国上海の不動産などに
投資しています。

フレイザーズ・ホスピタリティ・トラスト(ACV)は
世界各地に投資する複合不動産投資信託です。
オーストラリア、シンガポール、英国、日本、
マレーシアなど9都市でおよそ24億Sドル規模、
主にホテルの保有、運営、投資に従事しています。

100あるシンガポール証券取引所(SGX)上場企業と
投資信託の中で32銘柄が+4.5%以上の
配当利回りでした。

32銘柄の中で22銘柄はREITに分類され、10銘柄は
通常の企業でそのうち7銘柄はStraits Times Index STI
組み入れ銘柄でした。

さらに、時価総額が10億ドルを超える5つの
ベストパフォーマンス銘柄は、以下のように
なりました。

・TPVテクノロジー(T18)+237.6%の株価上昇。
・SBSトランジット(S61)+55.3%の株価上昇。
・タイ・ビバレッジ(Y92)+50.9%の株価上昇。
・アセンダス・ホスピタリティ・トラスト(Q1P)+43.9%の
株価上昇。
・ケッペルDCリート(AJBU)+39.1%の株価上昇。

各社の事業領域はテクノロジー、輸送サービス、消費者向け
分野からのものでしたが、不動産投資信託は主にホテル部門、
工業部門に焦点を当てています。

上記5社は年間で平均+ 85.4%のトータルリターンを達成し、
1年リターンと3年リターンでそれぞれ+110.6%と
+75%でした。

TPVテクノロジー(T18)はディスプレイ・メーカーです。
各種パソコン用モニター、液晶ディスプレイなどを
ODM相手先ブランドベースで設計+製造し、世界各国に
販売しています。
同社は香港証券取引所およびシンガポール証券取引所に
上場しています。

SBSトランジット(S61)は、シンガポールで公共交通機関を
運行する会社です。
同国最大かつ世界第2位の運輸事業者Comfort DelGro
Corporationの子会社です。
主な競合相手はSMRTコーポレーション
(路線バス・鉄道・タクシー等を運行)です。

アセンダス・ホスピタリティ・トラスト(Q1P)は、
世界の宿泊施設として使用される収益性不動産および
宿泊施設に関連する不動産資産の分散型ポートフォリオへ
直接的・間接的に投資する投資信託です。
アジア太平洋地域の7つの主要都市、シドニー、メルボルン、
ブリスベン、ソウル、東京、大阪、シンガポールに
投資しています。

ケッペルDCリート(AJBU)はシンガポールの不動産投資
信託です。
投資ストラテジーとしてアジア太平洋および欧州に
焦点を置き、オーストラリア、ドイツ、シンガポール
などでデータセンター等の不動産資産と不動産関連
資産に投資しています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事