1. HOME
  2. ブログ
  3. マレーシア
  4. マレーシアの通信大手アシアタとテレノールのアジア事業合併計画は破談【マレーシア:通信】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

マレーシアの通信大手アシアタとテレノールのアジア事業合併計画は破談【マレーシア:通信】

マレーシアの通信大手アシアタ・グループ(AXIATA:6888)と、
ノルウェーのテレノール・アジア事業合併計画は破談に
なったことが発表されています。

2019年5月に発表されていた両社の合併計画は、
両社がカバーする東南・南アジア9カ国でシェアを大幅に
高める狙いでしたが、交渉の結果、合併条件を巡って合意が
まとまらなかったとしています。

アシアタ・グループは、1992年にマレーシアテレコムが
国際部門をTM International Bhdとして分離し、2009年に
現社名へ変更しました。
2018年業績は売上238億8578万リンギ、
純利益-50億3400万リンギでした。

ノルウェー資本のテレノール社は、マレーシア通信事業者Digi
(DIGI:6947)の最大株主です。
Telenor Asia Pte Ltdの親会社であるTelenor ASAが49%を
保有しています。

1995年5月にDigiはマレーシアでデジタル通信事業として
設立され、同国有数の携帯電話通信会社になりました。
2018年業績は売上65億2711万リンギ、
純利益15億4000万リンギでした。

アシアタ、テレノールの両社は2019年9月に
マレーシア証券取引所(BRUSA)へ別々の提出書類により、
アジアにおける通信とインフラ資産の合併交渉に関する
議論を終了することで相互に合意したと発表しました。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事