1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイの野菜・果物ジュースブランドの一つであるドイカム、企業解説【タイ:飲料】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイの野菜・果物ジュースブランドの一つであるドイカム、企業解説【タイ:飲料】

タイの野菜・フルーツジュースブランドの一つであるドイカムは
1994年にプミポン国王の命令で設立された飲料・食品加工
メーカーです。
タイ王国社会全体の利益のために国際的に通用する高品質で
創造的な製品を開発しています。

製造工場はタイ国内4カ所、チェンマイ、チェンライ、
サコンナコン、ブリラムにあり、主力製品は野菜・
果物ジュース、ドライフルーツ、ジャム、蜂蜜など、
さまざまな農産物加工品を製造しています。

防腐剤や人工香料、化学添加物を使わず、
安全で栄養価の高い商品を製造し、製品の30%を
アジア太平洋地域に輸出しています。

ドイカム本社はバンコク都内にあり、
経営幹部にはPipong Pongsathorn氏、Sena Ayutthaya氏
などが就いています。
主要株主はタイ王室財産管理局(CPB)であり、
資本金は3億4000万バーツです。
2016年売上は18億バーツ、2017年は20億5143万バーツと
なっています。

ドイカム・ロイヤル・プロジェクトはプミポン国王が
1964年にチェンマイを訪れたことで開始されました。
丘陵地帯の多いタイ北部地域では農業が発展しておらず、
また収入も低く、焼畑やアヘン用ケシを栽培している
農家が多くありました。
こうした産業構造を変えるため、王室プロジェクトとして
アヘン生産と焼畑農業に依存していた山岳民族の村に
代替収入源を提供するために発案されました。

「ドイカム」という言葉の意味は、タイ北部の2つの
言葉に由来しています。
「Doi」は「山」または「丘」、「Kham」は「Thongkham=金」
の短縮語です。
タイ王室ロイヤルプロジェクト財団は研究所4カ所と
開発センター35カ所を持ち、およそ14000以上の世帯・
295村、約85,000人の農村タイ人と山岳民族が
参加しています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事