1. HOME
  2. ブログ
  3. インドネシア
  4. インドネシアの繊維・アパレル業界は2019年上半期18.9%成長【インドネシア:アパレル】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

インドネシアの繊維・アパレル業界は2019年上半期18.9%成長【インドネシア:アパレル】

インドネシアの繊維・アパレル業界の成長は2019年上半期に
18.9%増となり、前年同期比+7.4%から大幅に増加しました。

また、インドネシアの国内縫製および繊維産業は2017年に
成長を記録しました。
2016年の118億USドルから、2017年は124億USドルへと
前年比6%増加しています。
同産業の貿易収支は、2016年36億7000万USドルから、
2017年には37億3000万USドルへと1.7%増加しました。

繊維および衣料製品産業The textile and textile
products(TPT)はインドネシア経済に大きく貢献しており、
同国主要セクターの1つです。
繊維産業は労働集約型で輸出志向に分類される
セクターです。

インドネシア中央統計局(BPS)のデータでも、
2019年第1四半期の大中規模製造業の生産が前年同期比
4.4%増加したことを示しています。

繊維・衣料生産の増加は、特に輸出市場からの
衣料注文増加により、29.19%急騰したアパレル産業部門の
生産によって支えられました。
主に上流部門、特にレーヨン生産者の投資により
伸びています。

2018年末にリアウ州でアジア・パシフィック・レーヨン
社が11兆ルピアの投資を行ったことも影響しています。
同工場は年間24万トンの生産能力を追加しており、
その半分は輸出市場のニーズに対応しています。

インドネシア国内の繊維・衣料製品の消費も、
人口増加とライフスタイル変化により市場規模が
増加し続けると考えられています。

この機会を利用して、インドネシア国内の繊維産業
プレーヤーは、デジタル時代に合わせたより近代的な
技術を適用し、生産性、品質、効率を改善するために
努力が必要とされています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事