1. HOME
  2. ブログ
  3. マレーシア
  4. 最も歴史の古いマレー語新聞ウトゥサン・マレーシが休刊を発表【マレーシア:メディア】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

最も歴史の古いマレー語新聞ウトゥサン・マレーシが休刊を発表【マレーシア:メディア】

1939年創刊のマレーシアで最も歴史の古いマレー語新聞
「ウトゥサン・マレーシア」および系列紙が読者への
事前告知がないまま2019年10月休刊を発表しました。

発行元企業が経営難で事業停止したためで、
記者を含む従業員800人以上が職を失ったとしています。

発行元企業はUtusan Mellayu(Malaysia)(UTUSAN:5754)で、
2018年の業績は売上1億9189万リンギ、
純利益-1億8409万リンギ、従業員コストなどが大きく
のしかかっていました。

同社は印刷、出版、広告、新聞、雑誌、書籍などの
発行大手企業でした。
また近年はIT部門やマルチメディア、文具なども
展開していました。

ウトゥサン紙の発行元企業には、マレーシアで長年政権を
握った最大野党「統一マレー国民組織(UMNO)」が
出資していました。

ウトゥサン紙の発行部数は1990年代には一時35万部まで
達しましたが、2004年から広告収入の減少などで下降し始め、
2018年業績では大きく経営難が表面化しました。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事