東南アジア株式市場

東南アジア株式市場は、大半の市場が上昇しています。
配当利回りが魅力的な水準にある銘柄が買われていてSET総合指数は2日連続で
1200ポイントの水準に進んでいます。

タイ中央銀行は21日予定されている金融政策決定会合で、 中央政策金利を
+3.00%に据え置くと広く予想されています。