タイの外食産業 その1

タイの外食産業の規模を図る指標としてタイレストラン協会Thai Restaurant
Association(TRA)では、小売りを含む食品産業全体の市場規模は約3000億バーツで、
このうち飲食業は約1500 億バーツと推計しています。
カシコーン銀行(KBANK)傘下カシコン・リサーチ・センターによれば、2010年の
外食産業の市場規模は約1900億バーツと見ています。

タイの商務省事業開発局によると、法人登録ベースの外食産業の市場規模は、
2008年では約911億バーツ、2009年は世界金融危機の影響を受け846億バーツと
なっています。

このようにタイの外食産業の市場規模は、法人登録ベースでは900億バーツ前後で
小規模店や屋台まで含んだ規模は約1900億バーツと推測されています。
日系企業の進出を前提とした場合は、法人登録ベースの900億バーツが潜在的な
市場となると見られていて、和食・ラーメンなどの日本料理チェーンは800店舗が
展開していると言われています。