タイ 東洋タイエンジニアリング(TTCL)

東洋・エンジニアリングの子会社である東洋タイエンジニアリング(TTCL)は
韓国の企業である、Korea Midland Power Co (Komipo) と事業提携を発表
しています。
また、KOMIPO社は小規模発電所を運営するNavanakorn Electric Co.社への
株式出資も決めています。

KOMIPO社とのMOU覚書はTTCL社とナワナコン・ランド社Navanakorn Land
(NLD)が提携。
発電所建設などで協力していくことを合意しています。
KOMIPO社は1万メガワットの発電能力を誇り、TTCL社からナワナコン
エレクトロニック社の株式29%を受け取ります。

TTCL社は71%の株式を保有するとしていて他のコンバインサイクル発電所
110メガワットの発電所をパトムタニ県で2012年度の第4四半期までに運転開始します。

TTCL社はプラント建設大手の東洋タイエンジアニリングToyo Engineering社と
タイのゼネコン最大手イタリアンタイデベロップメントItalian-Thai Development
(ITD)との合弁企業になります。

2011年度の第3四半期までの業績は
売上 53億700万バーツで、純利益2億5800万バーツでした。
通期では75億バーツまで伸ばせるとしています。