タイ 市場

中東リスクは依然ありますが、石油輸出国機構(OPEC)の原油増産への期待から
リスクを取る方向性となり、東南アジア各市場で上昇しました。

タイ証券取引所(SET)市場では、中央銀行の利上げ観測から地場商業銀行株に
買いが入っています。

タイ国内のインフレ懸念の高まりに対応して、タイ中央銀行では3月9日の
政策決定委員会で政策金利を+0.25%引き上げで政策金利を2.25%から2.50%と
すると予想されています。