タイのスマートフォン、タブレット市場関連売上

タイ国内におけるスマートフォンとタブレット型端末の関連売上高は大きく
成長しており、2011年度は54億7000万USドルで2010年度51億5000万USドル
から大きく上昇するとFrost & Sullivan社のアジアパシフィック、ICT部門の
マネージャーMarc Einstein氏がコメントしている。

その中でデータサービスに関する売上が2011年11億4500万USドルと予測され
2010年度8億9300万USドルから伸びるとしている。

スマートフォン端末の売上台数では133万台で 総端末売上1020万台の13%程度
である。
しかしながら2015年には660万台まで伸びると期待されている。
3G通信サービスの普及と、端末価格の引き下げにより販売台数が増加すると
見ている。

またソーシャルネットワークサービスも活況でタイには2011年3月時点で
840万人もの加入者がいる。
これは世界で19位となっており、毎月800,000名の新規加入がある。

またナンバー1はアメリカであるものの、ナンバー2のインドネシアの存在はあまり
知られていない。
インドネシアの加入者は世界2位であり、加入スピードもまだ伸び続けている。