シンガポール航空 無線LAN導入

シンガポール航空は2010年10月に、翌年の2011年6月までに国際線の機内で
無線LAN(構内情報通信網)を使ったインターネット接続サービスを始めると
発表しました。

シンガポール~日本路線では成田空港や羽田空港とシンガポール・チャンギ
国際空港を結ぶ路線の一部に導入予定するとしています。
機内で無線LANを使えるサービスは世界的にも珍しく、このサービスは有料で、
一部の携帯電話やスマートフォンでの電子メール送受信なども可能になる
見込みです。
当然離陸、発着時は利用できないとしています。