タイの広告費

アメリカ系調査会社ニールセン・メディア・リサーチ・タイランドがまとめた
2011年上半期のタイの広告支出(全て推定)は2010年同期比+11.6%増の
532億バーツ(1510億円)でした。

広告の媒体別では
テレビ広告 +11.7%増の 324億バーツ  (金額シェア61%)
新聞広告  +3.7%増の  71億バーツ
映画館広告 +24.7%増の 33億バーツ
ラジオ広告  +3.4%増の 28.7億バーツ
雑誌広告   +4.0%増で 27.4億バーツ
野外・看板広告 +12.2%増 21億バーツ
交通機関広告  +17.2%増 12.3億バーツ

インターネット広告 +69.4%増 2.3億バーツなどになっていますが、
相変わらずインターネット広告が伸びています。

主な広告主の1~5位は順に、
英蘭系消費財大手ユニリーバ(推定支出32・1億バーツ)
米消費財大手プロクター&ギャンブル(P&G)(同12・9億バーツ)
スイスの食品大手ネスレ(同11・2億バーツ)
仏化粧品大手ロレアル9億バーツ)
独化粧品大手バイヤスドルフ(同8・9億バーツ)などになっています。

6位以下
トヨタ自動車(同8・8億バーツ)
コカコーラ(同7・9億バーツ)
タイ首相府(同6・8億バーツ)
味の素(同6・5億バーツ)
タイ飲料大手オソサファ(同5・7億バーツ)