東南アジア株式市場

週明け26日の東南アジア株式市場では、バンコク市場が一時、9.0%余り急落
したほかに、ジャカルタ市場やマニラ市場も大幅に値下がりしました。
世界的な景気後退への懸念から、海外の投資家が市場から資金を引き揚げたと
しています。

タイ最大の企業であるタイ石油会社(PTT)マイナス7.9%安でインドネシア最大
の上場企業であるアストラ・インターナショナル(ASII)はマイナス3.1%下落と
なっています。

先週金曜日の東南アジア株式市場では、インドネシア証券取引所(IDX)
ジャカルタ総合株価指数がマイナス8.9%安と急落していました。

タイ工業連盟(FTI)がまとめた2011年8月の自動車生産台数は前年同月比
+9.0%増で15万3180台だったと発表しています。
2011年6月~8月は3カ月連続のプラスで、東日本大震災による部品調達難の影響で
減産に追い込まれていた影響はほぼ無くなりました。