タイ シェル石油

タイ国内で製油事業と小売事業を営むシェル石油では10億バーツを掛けて
ガソリンスタンド増設を進めます。
2012年度はタイ国営石油(PTT)に次ぐ2位のガソリン供給スタンド数を目指します。

シェル石油の代表取締役Pissawan Achanapornkul氏は2011年度で570箇所の
ガソリンスタンドがあるとしていて、1箇所のガソリンスタンド建設費用は
7000万バーツになるとしています。
老朽化したガソリンスタンド50箇所は2012年度内に改修し、続けて残り70箇所
も改修します。

ガソリンスタンドビジネスではタイのエネルギー事業局The Energy Business
Departmentによれば
PTT タイ国営石油が160億リットルを販売  マーケットシェア35%
バンチャーク石油(BCP) マーケットシェア13%
ESSO (ESSO) マーケットシェア12%
シェル石油(SHELL 未上場)         マーケットシェア12%
カルテックス(CALTEX 未上場)      マーケットシェア10%

1997年前まではトップシェアだったシェルですが、現在は4位になっています。
今後より安い液体天然ガス(LPG)向けのガソリンスタンドを建設するかどうかは
未定であるとしています。