タイ コカコーラ社 飲料水の供給量UP

飲料水の不足が続いているタイではインラック首相の指示でコカコーラ社へ
飲料水の供給量をUPさせるために炭酸飲料の製造を中止し代替で飲料水生産量を
増加させる方針を伝えています。

また一般市民へは飲料水の煮沸で極力水道水を利用するように呼びかけています。
Metroporitan Water Association(MWA)バンコク首都水道公社では洪水被害の
拡大に備え、水道水備蓄を勧めるように呼びかけています。

缶詰、衛星用品、消費財の供給を増やすためにマレーシアなどの近隣諸国からの
関税引き下げも実施するとしています。

確かにほとんどコンビニ、大型ショッピングセンターなどでは飲料水
(特に大型の5リットルクラス)は見かけなくなりました。
ガソリンスタンド、マクドナルド、カフェではまだ見かけるケースが多いです。
ただし5バーツで売られている水が15バーツになるため、3倍です。
緊急的な時だけ購入しなければなりません。