マレーシア MISC

石油・天然ガスエネルギー大手のペトロナス傘下になる海運大手のMISCは、
2012年6月までにコンテナ輸送事業から撤退する方針を発表しました。
MISCの2011年の業績は
3816 海運サービス 売上 137億7500万リンギ(およそ5000億円規模)で
純利益 6億8200万リンギ(210億円規模)となっています。

過去3年間で7億8900万米ドル(789億円)の損失を出していたため、
事業は撤退するとして、撤退コストは3000万米ドル(30億円規模)と見込まれています。

MISCは液化天然ガス(LPG)タンカー事業では世界トップで、
今後は経営資源を主力のエネルギー輸送業務に振り向けるとしています。
海運世界最大手のマースクなどが1.8万TEU(20フィートコンテナ)クラスの
超大型コンテナ船の建造に着手するなど世界的なコンテナ輸送効率化の流れにあって
MISCの同部門は苦戦を強いられていました。