1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. 東南アジアのFTA

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

東南アジアのFTA

東南アジア諸国連合(ASEAN)の
6カ国(タイ、インドネシア、フィリピン、マレーシア、シンガポール、ブルネイ)は
2010年1月1日より、7881品目に対する関税を追加撤廃しました。
全体の99%が関税撤廃されるとしています。

ASEAN域内だけではなく、中国・ASEANのFTAも発効していて、
人口規模では19億人となる巨大なアジアマーケットが誕生しています。

2002年、ASEAN加盟10カ国「タイ、シンガポール、インドネシア、マレーシア、
フィリピン、ブルネイ、ベトナム、ラオス、カンボジア、ミャンマー」と中国とのFTAが調印されています。
今回、2010年に発効になっています。

同様にオーストラリア、NZとの経済連携も進んでいて、
オーストラリア、ニュージランドの自由貿易協定(FTA)が2010年1月3日、発効しています。

ASEAN 「55000万人市場」
ASEAN=オーストラリア・NZ    2020年までに関税99%撤廃   対2500万人市場
ASEAN=中国             2010年1月より関税90%撤廃  対13億2500万人市場
ASEAN=韓国             2010年1月より関税80撤廃   対4800万人市場
ASEAN=インド            2016年までに関税80%撤廃   対11億3900万人市場

FTAとEPAについては

http://toatoa.jugem.jp/?search=FTA

日本は中国、韓国に比べFTA戦略に出遅れ感があります。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事