タイのローソン108はBTS駅構内への出店加速【タイ:小売】

タイ高架鉄道運営・不動産開発会社、BTSグループ・
ホールディングス(BTS)傘下の駅構内店舗リース・
広告会社であるVGIグローバル・メディア(VGI)は、
タイの消費財大手サハ・グループと提携し、
コンビニエンスストア「ローソン108」を各駅で
独占的に展開すると発表しました。

サハ・グループ傘下の投資持株会社サハ・パタナ・
インターホールディング(SPI)、ローソン108を展開する
サハ・ローソンと提携します。

タイ資本との合弁企業であるローソン108の店舗数は
2018年2月末時点で101店です。
近年はガソリンスタンド内や、地下鉄MRT駅構内モールに
出店するなど積極的な店舗展開を進めています。

今後はBTSスカイトレイン駅のすべてのエリア
(およそ30駅)や、空港などにおいてローソン108店舗を
運営するための合意を交わしています。
店舗ではBTSの電子マネーRabbit CardやRabbit LinePayが
使用可能になる予定です。

サハ・パタナ・インターホールディング(SPI)の
2018年業績は売上56億8300万バーツ、
純利益25億9500万バーツでした。

VGIグローバル・メディア(VGI)はBTSホールディングスの
子会社で広告販売・駅構内リース企業です。
2018年業績は売上40億7900万バーツ、
純利益8億4600万バーツでした。