不動産開発プリンシパル・キャピタルは病院ビジネス拡大【タイ:医療】

ホテル運営・企業マネジメントサービスなどを手掛ける
プリンシパル・キャピタル(PRINC)は2019年~2023年までの
5カ年計画を発表しました。
およそ88億バーツを投じ、PRINCブランドの傘下病院を
20軒まで増やすとしています。

同社2018年業績は売上28億5600万バーツで前年比+21%増、
純利益-1億7300万バーツ、3期連続赤字となっています。
同社は不動産セクターから医療セクターへ変更し、
病院・医療サービス提供拡大を目指します。
2019年は10病院、2023年までにはさらに10病院を増やす
計画です。

同社では事業成長を達成するため、ヘルスケア事業拡大と
医療能力開発に投資する一方で病院の効率性を高める
管理技術導入も進めています。

また、タイ国内外の新たな戦略定期提携や高齢化に対応して
シニアヘルスケアセンターも開発していきます。
こうした方向性は、タイを医療・健康ツーリズム中心地に
することを目的としたタイ政府のHealthcare4.0スキームに
対応しています。

同社の2018年事業内訳は、病院事業77%、不動産事業
23%でした。
2019年事業計画では病院事業85%、不動産事業15%の
ポートフォリオを目指します。