タイ ラチャプラソン通りの開発

タイの一大商業地区であるラチャプラソン地区はシンガポールの商業大通り
オーチャード通りを、参考にし開発を進めるとしています。

ラチャプラソン地区はプラトュナーム、パトムワン、プルンチットなどの地域を
含め今後、前年比+30%の増、1日の通行量35万人を目指します。

これらの商業施設を束ねるRatchaprasong Square Trade Association (RSTA)
ラチャプラソン地区商業協会では
The Platimum Fashion Mall
Novotel Bangkok Platinum の2社を新規会員に迎えたとしています。
全会員の総面積は102万平米になります。

ラチャプラソン地区は国際的な観光客とビジネスセンターになる可能性が高く
開発を海外の大都市に真似る必要があるとしています。

2011年度のラチャプラソン地区の来場者は1日19.6万人となっていて前年同期比
+27%の増加でした。
2012年度の目標は+33%増の26万人となっています。

この地区の主要商業・ホテル施設は
Gaysorn  商業施設
Amarin Plaza 商業施設&オフィス
CentralWorld  商業施設
Erawan Bangkok ホテル施設
President Tower Arcade オフィスタワー
Grand Hyatt Erawan Bangkok ホテル施設
InterContinental Bangkok  ホテル施設
Holiday Inn Bangkok   ホテル施設
Four Seasons Hotel Bangkok  ホテル施設
Centara Grand at CentralWorld   ホテル施設
Renaissance Bangkok Ratchaprasong Hotel  ホテル施設
Maneeya Centre. オフィスタワー        となっています。