東南アジアの株式市場

東南アジアではシンガポール株式相場も上昇しています。
総合指数のストレーツ・タイムズST指数は、
3025.04ポイントで、2008年6月18日、2年ぶり高値更新しています。

またタイ市場もタイ企業第2四半期決算への楽観論、
配当増加のニュースが増えていて株価を押し上げています。

中国の上海市場は下げ基調で、中国の2010年7月の
製造業購買担当者景況指数(PMI)は低下しているものの、東南アジア各国市場では
材料視されずに上昇しています。

また、バンコク都内でゴミ袋が爆発し1人負傷した事件が発生しました。
7月25日に発生した事件との前の事件との関連捜査が続いています。
旧官庁街に近い戦勝記念塔アヌサワリ-近くで7月30日未明に、
ゴミ袋が爆発して、男性1人が重傷を負ったニュースが出ていました。