タイ セントラルプラザホテル(CENTEL)

セントラルプラザホテル(CENTEL)では2010年度第2四半期の業績は
純損失で2億460万バーツの赤字で  昨年の2148万バーツの黒字から大幅減益としています。
総売り上げは20億4000万バーツで+2.4%となっています。

2010年上半期の業績では108万バーツの純利益で
売上46億1000万バーツでした。 前年同期比+10%と売り上げは好調でした。
ホテルビジネスの分野では4,5月の騒乱によって、
ホテル事業はマイナス11%「6億6200万バーツ」下落したとしていて

対照的に外食チェーン分野では+7.8%「13億2000万バーツ」と上昇したとしています。
バンコク中心部から郊外へのチェーン展開が奏功しています。

パタヤに誕生する予定のThe Centara Grand Mirage Beach Resort Pattayaでは
2009年11月に開館していて、こちらの売上も
伸びたことで売上に貢献しました。