タイ バンチャーク石油(BCP)

タイの石油精製、バイオエネルギー大手のバンチャーク石油(BCP)では
小売大手のBig Cスーパーセンター(BIGC)と1000箇所に及ぶガソリンスタンド
の小売ビジネスで提携することを発表しています。
ガソリンスタンド展開数もタイ国営石油(PTT)に次ぐ、2位の座を狙います。

タイ国営石油(PTT)では2社のコンビニエンスストアJiffyブランドと7-Eleven
ブランドを展開しています。
エッソ(Esso)社が現在2位の店舗数を誇ります。

両社の覚書はバンチャーク石油側のAnusorn Sangnimnuan代表取締役、
ビッグCスーパーセンター側のYves Bernard BraibantCEOがサインを
交わしています。

今後はビッグC社が展開している24時間運営型Mini Big Cコンビニエンスストア
をバンチャーク社がタイ全土に保有する1070のガソリンスタンド店舗内に設置
していく計画です。
20億バーツを掛けて2015年までに1300店舗を拡大していきます。

ただバンチャークはすでにガソリンスタンド内に100の Bai Chakミニマートを展開
していてこのコンビニはGreen Net Co,社が経営しています。
事業を残すか否かは検討するとしています。