タイ証券取引所

インドネシアのジャカルタ市場総合株価指数が4営業日ぶりに反発で、
1.7%増加しています。
インドネシアの2010年8月のインフレ率は予想より低く、
インドネシア中央銀行が金融政策会合で政策金利を過去最低水準のまま据え置く
見方が出ています。

またタイ株ではやや買われ過ぎの面が出ていて
SET指数年末目標は920~930ポイントに修正され、
投資家の確定売りも始まると見ています。