タイ ロクスレー(LOXLEY)モバイル・パートナーズとの合弁事業

タイの通信商社ロクスレー(LOXLEY)では3G通信サービス導入へ向けて、イギリスの
携帯電話グループ「モバイル・パートナーズ」との合弁事業にサインをすると発表
しています。
またこのサービスはTOTとの3G携帯事業への準備もしているとしています。

ロクスレー社では”フルl MVNO” (モバイルネットワークオペレーター)
として動く準備するとしていて、タイ国内の3Gネットワークの強化へ向けて統合
されたサービスを進めるとしています。

ロクスレー上級副社長のSuroj Lamsan氏は今回の新会社は英国側では30%の
資本参加であるとしています。
5つのMVNO企業はすでにTOTへ向けて3Gサービスの準備は出来ているとしています。

またモバイルパートナーズ社はMVNOサービスをイギリス、アメリカ、デンマーク、
スイス、ブラジルで展開しています。

ロクスレーは今後1億バーツを投資し、ネットワークシステムを構築。
TOTの3Gサービスのネットワーク構築に協力していくとしています。

また、タイ政府はTOTの第3世代通信サービスの整備拡張計画を承認しています。
2010年9月末に国家通信委員会NTCが予定していた事業免許入札に関してはCAT
からの訴えで無期延期へ追い込まれています。

入札を予定していた携帯事業者キャリアの一部は、TOTからのネットワークを利用して
3G通信サービスを利用することを検討している企業もあります。