タイ 貧困層向け無料医療制度

Churin タイ保健省はタイ政府がおこなっている貧困層向け無料医療制度を
IDカードで管理することを発表しています。
タイでは国民総背番号制となっていて、あらゆる場面にて利用されますが今回、
このIDカードを緊急時の身元確認や、データ管理に利用します。

タイの無料医療制度は、2001年にタクシン政権時代に「30バーツ医療制度」
として開始されましたが、2007年軍事政権時代に30バーツを支払うための管理費用が
30バーツよりもかかるため、無料医療制度へ切り替えた過去があります。

現在この無料医療制度へ登録している登録者はのべ4800万人へ達していると、
タイ国家保健保障事務局(NHSO:Nation Hospital Social Office)は
発表しています。