マレーシア ペトロナス・ケミカルズ(PCGB)企業解説

マレーシア証券取引所(BRUSA)クアラルンプール市場では、26日に新規上場した
マレーシア国営石油会社であるペトロナスの石油化学子会社ペトロナス・ケミカルズ
(PCGB)が5.20リンギでスタートした株価は5.31リンギで終えて、+5.4%高で取引
を終えています。

Petronas Chemicals Group Bhdペトロナス・ケミカルズはマレーシア国営石油
最大手ペトロナスの石油化学部門傘下でマレーシア国内最大のIPOとなりました。

2009年に携帯電話最大手のMaxis Bhd:マキシスが33億USドルでの過去最大のIPO
でしたが、その金額を上回るIPOとなっています。

マレーシア証券取引所(BRUSA)のFTSE Bursa Malaysia KLCI Indexでは-0.3%
だったものの、取引額1位で終わりました。
IPOの調達額は128億リンギとなり、41億USドルで マレーシア国内だけではなく、
東南アジア最大のIPOとなっています。

マレーシアのNajib Razak大統領は今後も国営資本企業を民営化させていき、
上場企業へ持って行くことでより魅力的な市場を作り出すとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。