シンガポール キャピタルランド(CAPL)

シンガポール証券取引所大手は最大手がキャピタルランド(CAPL)Capitalandで
2012年度の業績が売上で33億0100万Sドルで純利益で9億3000万Sドルでした。

キャピタルランド社は不動産開発、不動産投資、資産運用などを展開しています。
住宅、オフィス、ショッピングモール、サービスアパートメントなどを展開しています。
国別ではシンガポール、中国、オーストラリア、ヨーロッパなどで展開。
2000年にDBS銀行の子会社であるDBSランドとSTプロパティ・インベストメントの
子会社であるピデムコランドの合併で誕生しています。

以下の企業を保有しています。
オーストラランドAustraland – オーストラリア国内の大手不動産開発
キャピタルモールアジアCapitaMalls Asia – アジアのショッピングモール開発
アスコット・レジデンス・トラストAscott Residence Trust – アジアのサービスアパートメントREIT
キャピタコマーシャル・トラストCapitaCommercial Trust – シンガポールの商業不動産 REIT
キャピタモール・トラストCapitaMall Trust -シンガポール不動産REIT
キャピタルモール・マレーシアトラストCapitaMalls Malaysia Trust – 娯楽商業施設REIT
キャピタリテール・チャイナ・トラストCapitaRetail China Trust – シンガポール娯楽施設REIT
クイールキャピタトラストQuill Capita Trust – キャピタランドの海外REIT