タイ タイ・ユニオン・フローズン(TUF)

タイのツナ缶製造最大手タイ・ユニオン・フローズン(TUF)Thai Union Frozen Products(TUF) では第1四半期の業績が前年同期比マイナス54%と下落、
高い原材料コストが影響したこと、バーツ高の影響があったことを理由としています。

売上は前年同期比マイナス3%で252億3700万バーツ。
純利益は6億7400万バーツで、2012年第1四半期14億7,000万バーツからマイナス54%
下落でした。

同じ期間をUSドルで計算すると$8億2400万ドルで前年同期比の8億2200万ドルと
然程河原図でした。

代表のThiraphong Chansiri氏はツナ原材料のマーケット価格は2012年9月時点で1トン
あたり$2,350ドルでしたが2012年12月には急落し$1,900ドルまで下落しました。
2013年3月には$2,325ドルまで戻っています。

バーツの大きな変動と高騰は輸出業者にとっては大きなダメージでしたが、2013年度も
着実にTUFの国際ブランドとしての評価は上がっているとしています。
特にアメリカで展開するブランドChicken of the Seaブランドはアメリカ国内景気回復の
兆しから良い方向へ向かっているとコメントしています。