タイ コンドミニアム建設法見直しの動き

タイ・コンドミニアム・マンション協会では、バンコクの都市計画整備の開発に伴って
タイの建設法などの現状の建設ルールを見直すように公共土木・都市計画局へ要請しています。
2013年3月の建設法のもとでは、8階(または23m)以上のコンドミニアムをバンコクの
高混雑・中混雑住民エリアに立てることは、難しく、建設に関する審査と環境基準クリアの許可が必要になります。

タイ住宅ビジネス協会によると、現在のコンドミニアムの価格は、スクンビット
(プルンチット駅~トンロー駅付近)で1㎡あたり10万バーツ以上となっていて
エカマイ~オンヌットで8万バーツ以上、オンヌット東部~バンナー地区で
7~8万バーツ以上となっているとしています。

タイは歴史上大地震が無かったと言われていて地盤はゆるいものの高層建築物も次々と建設されています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。