タイ アナンダ・デベロップメント(ANANDA)

タイの中堅住宅開発のアナンダ・デベロップメント(ANANDA)社では日本の三井不動産と合弁事業を設立したと発表しています。
Mitsui Fudosan Residential社は日本の三井不動産の子会社で合弁会社は18億バーツの資本金で設立します。

同社ではタイでの住宅開発向けの共同開発を進めていくとAnanda Development社のCEOである Chanond Ruangkritya氏がコメントしています。

同社ではこれまで駅に近い立地を中心に高層コンドミニアム住宅を建設「IDEO」ブランドとして展開しています。

タイ証券取引所SETにも上場していて2012年度の売上は51億4600万バーツで 純利益ではマイナス2億8,700万バーツでした。

これまでウドンスック駅、オンヌット駅、ラマ9世駅、スティサン駅などBTS高架鉄道、地下鉄などの近接エリアに建設しています。