シンガポール STエンジニアリング(S63)

シンガポールのゼネコンSTエンジニアリングST Engineering(S63)は
航空機、エレクトロニクス、インフラ、防衛・民間事業向けに陸上防衛、
船舶技術などのエンジニアリングサービスも提供しています。
また航空機向けの航空エンジニアリングや保守サービスも手掛けています。
本社はシンガポールにあり、22,000名以上の従業員を抱えます。
21カ国、41都市、100以上の支社を展開しています。

2012年度の業績では売上で63億7900万Sドル、
純利益で5億7600万Sドルでした。株主構成としては
1テマセクホールディングス 50.3%
2DBSノミニー      12.1%
3DBSN Services    8.7%
4CITYBANKノミニー   6.8%
5BNPパリバ証券      5.2%    となっています。
現在もシンガポール国営投資会社のテマセク・ホールディングが過半数を握る
インフラ提供企業となっています。