タイ サハ・パタナビブン(SPC)

日本で第2位のコンビニ事業を展開するローソンは2013年タイの消費財大手
サハ・パタナビブン(SPC)社と合弁事業でコンビニエンスストア・ローソンを
展開します。
タイに既存にある108SHOPをリノベーションしてタイ事業を拡大していく一方
でアセアン域内も広げていくとしています。
ローソンジャパンのCEOであるTakeshi Niinami氏は海外戦略事業も担当していて
2015年度のアセアン経済共同体(AEC)に向けた戦略も進めていく考えを発表
しています。

タイランドは戦略的に重要な国であり、ビジネスパートナーを増やし、
トレーニングセンターなどを設立し、顧客向けにサービス向上を目指すとしています。
Lawson 108はローソンの高い日本の技術、配送技術などを導入していくとしています。
日本人の多く住むスクンビット24の旗艦店としてLawson 108 ストアを The Emporio
Placeの1階に開業しています。

2013年末までにLawson 108ストアを50店舗展開予定で5年内に1,000店舗を目指すと
しています。
1店舗あたりの開業コストは500万バーツで日本食やタイ人に受け入れられやすい商品
を提供していきます。
またすでにCityMartと共同で出店している108Shopの展開もLawson 108で進めるか
F/Sを開始するとしています。