インドネシア プルタミナ・ジオサーマル・エナジー(PGE)

インドネシア最大のエネルギー企業プルタミナの子会社で地熱関連を扱う
Pertamina Geothermal Energy(PGE)では
8つの地熱発電所建設を目的としてUS$22億ドルを調達します。

代表取締役Adriansyah氏は1MWあたり350万USドル
を必要とするとしていて8つの地熱発電所で22億9000万ドルを必要とします。
資金の大半はプルタミナ社から調達するとしています。
例外でUlubelu, Lumut Balai, Lahendongの3カ所は金融機関からの
ソフトローンでまかないます。
建設後はさらに655 MWの発電量が増加する見通しで現在の既存発電所
402 MWから大きく伸びるとしています。
PGE社では2025年までの長期計画で2.3GWの発電量を目指します。
これはインドネシア政府の計画する地熱発電事業計画、予想総発電量
8.6 GW分の27%を占める見通しです。

インドネシアの発電燃料の46%は石炭火力発電で、25%は天然ガス、
17%は石油という構成になっています。
7%水力発電、わずか5%が地熱発電になっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。