1. HOME
  2. ブログ
  3. インドネシア
  4. インドネシア ワスキタ・カルヤ(WSKT)新規受注額で3.5兆ルピアを獲得

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

インドネシア

インドネシア ワスキタ・カルヤ(WSKT)新規受注額で3.5兆ルピアを獲得

インドネシア証券取引所(IDX)上場のPT Waskita Karyaワスキタ・カルヤ
(WSKT)ではティモール、中東などの海外受注案件が第1四半期に大きく伸びたと
しています。
同社のHaris Gunawan氏は新規受注額で3.5兆ルピアを第1四半期で獲得したと
しています。
そのうちRp8790億ルピアが海外からの受注になります。

Waskita社の大型新規プロジェクとして東ティモールSuai Airport空港拡張
プロジェクトなどがあります。
またサウジアラビア建設複合企業Bin Ladenグループとの関係が深く、湾岸各国での
建設プロジェクトを次々と受注しています。
メッカのAl Masjid Al Haram Mosque拡張建設工事なども開発します。

2013年度の通年の業績は売上で9兆6866億ルピア、純利益で3680億ルピアでした。
同社では2013年度は新規投資案件に4000億ルピアを投じましたが、2014年度は
8630億ルピアを投じます。
さらに建設受注を増やしていくとしています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事