マレーシアビルディングソサエティ(MBSB)業績

マレーシア証券取引所(BURSA)上場の住宅不動産向けローン、個人向け住宅融資、
企業向け融資サービスのマレーシアビルディングソサエイティMalaysia Building
Society Bhd(MBSB)の2014年度第1四半期は純利益が前年同期比+18%増
RM1億9673万リンギ出会ったと発表しています。
売上では3億4520万リンギでした。
個人向け融資、企業向け融資での伸びが大きかったとしています。

2014年1月実施の14億リンギの社債発行後、EPSは8.37セン、ROEは26.2%で、
MBSB社のCEOであるDatuk Ahmad Zaini Othman氏は2014年度第1四半期は
企業向けに好調であったとしています。

預かり資金も順調に増加していて前年から+17%増、291億リンギ(3月末時点)
となっています。
マレーシア・ビルディング・ソサエティ(MBS)社は1950年に設立された
金融ローン企業です。
賃貸不動産物件を担保とするローンを提供、また子会社は不動産の開発や賃貸も
手掛けています。
ホテル経営、商業不動産管理も含めイスラム金融スキームも手掛けます。
食品・飲料の販売や関連商品を手掛けています。

マレーシアの公務員向けに住宅ローンを提供していることもあり、リスクが低い
ビジネスを展開しています。
2012年度の業績は売上で8億2600万リンギ、純利益で4億4600万リンギと
なっています。
2013年度の通年の業績は売上12億2300万リンギ、純利益で5億9700万リンギに
なっています。