タイ エンポリアム周辺地区の開発

タイ第2の大型小売店舗開発企業モール・グループの大型開発でおよそ
200億バーツを掛けてBTS直結の「EmQuartierザ・エムクオティア」
(開発面積20万平米)
2014年度OPEN予定と「ザ・エムスフィア」(同20万平米)
2016年度OPEN予定を発表しています。

今回発表されたプロジェクトは3つで総額Bt200億バーツ規模になります。
プロジェクト完了後は2013年度の売上目標500億バーツから5~7年後には
2倍の1000億バーツになるとしています。
今後の計画はバンコク都内の開発と同時に郊外都市への進出も目指します。

副会長のSupaluck Umpujh氏は16年経過したThe Emporiumも40億バーツを
掛けて改装するとしています。
コンセプト”ultimate luxury”を目指します。
BTS駅プロンポン駅と反対側へThe EmQuartier を建設中で自動受付駐車場も
加えるとしています。

ベンチャシリパークの隣に建設されるThe EmSphere プロジェクトはBt70億バーツ
を掛けて建設をする計画です。
3つの高級デパートはBTS階下のスカイウォークで連結されるとしています。

同社ではタイへの観光旅行者数は2013年の2500万人から5年内に
4000万~5000万人まで伸びると予測。
タイ政府もインフラの開発や輸送機関の建設を進めることから利用客も増加する
だろうと見ています。