タイ中銀 海外投資規制緩和

タイの中央銀行ではタイ人が海外へ投資する際の投資規制を緩和していく方針を
発表しています。今後、専門委員会の許可を通し
2012年後半からは徐々に段階的に緩和していく計画です。

これまでは海外への投資に許可申請などが必要だったものの、今後最終的に
タイ人個人投資家、民間投資ファンドは最高金額で500万USドル(5億円規模)
まではタイ中央銀行からの事前許可を必要としない条件へ緩和される予定です。

2015年にアセアン経済共同体が誕生し、アセアン域内の金融緩和も始まることから、
先駆けて海外投資基準緩和へ向かいます。

http://www.bot.or.th/english/Pages/BOTDefault.aspx