タイの財政

タイ政府が決定している
2012年度の歳入はおよそ1兆9800億バーツ(6兆円規模)と見込まれています。
歳出の金額は2兆3300億バーツ(7兆円規模)になっています。
結果 財政赤字は3500億バーツになっています。

タイ政府は2016年予算では均衡財政に持っていくことを表明しています。
次年度の2012年度予算案には、赤字幅を4000億バーツ以下にする計画です。

2012年度の経済成長率を+4.5%成長、インフレ率を+3.5%と見ています。
税収合計は1.9兆バーツ(およそ6兆円規模)としています。

インラック内閣は、財源不足に直面して2013年から付加価値税(VAT)を
引き上げるとの観測が出ていましたが、これは先延ばししています。
VAT引き上げは最低賃金300バーツの所得拡大や自動車・住宅減税の恩恵が
相殺されてしまい、タクシン支持派国民の反発を招きかねないとのジレンマも
あるため今回は先延ばしになったとしています。